寒河江ダム

2019/06/29

4/27、山形県西川町、寒河江ダムに行ってきました。
2回目。(→前回)


前回は冬季期間中で停止していたダム湖、月山湖の大噴水。
今回は噴水メインで写真を撮りました。


まず、月山湖の大噴水なのですが、なんと日本一の高さがあることで有名です。
その高さ112m。
その他にも

  • 堤高*1が112m。
  • ダム建設で移転した戸数が112戸。
  • ダムの横を国道112号が通っている。
  • 竣工式の日時が11/2 11:20。

と112がキーワードになっている徹底ぶり。


f:id:kazu_ma634:20140607180754j:image:w400
それでは駐車場から天端*2の方へ歩いていきましょう。


f:id:kazu_ma634:20140607180755j:image:w400
右中央奥に見えるのが洪水吐*3です。
あそこまで歩きです。
ざっと1km程あります。
頑張りましょう。


f:id:kazu_ma634:20140607180756j:image:w400
天端にやってきました。
でも洪水吐はまだ先です。


f:id:kazu_ma634:20140607180757j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20140607180758j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20140607180759j:image:h400
15分程で洪水吐に着きました。
放流はしていませんが、残雪があります。


f:id:kazu_ma634:20140607180800j:image:w400
至るところに寒河江ダムマスコット、オコジョのかんぺい君がいます。
お腹のボタンを押すと寒河江ダムについて語り始めます。
ボタンを押してもしゃべらないやつもいます。
こいつはしゃべりませんでした。
根気良く他のかんぺい君を探しましょう。


f:id:kazu_ma634:20140607180801j:image:w400
残雪がある山をバックに噴水撮れるときれいかなと思い、ここで噴水待ち。
ちなみに噴水は1時間に1回、10分間です。


f:id:kazu_ma634:20140607180802j:image:h400
スタンバイ…。


f:id:kazu_ma634:20140607180803j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20140607180804j:image:w400
出てきました。


f:id:kazu_ma634:20140607180805j:image:h400 f:id:kazu_ma634:20140607180806j:image:h400
f:id:kazu_ma634:20140607180807j:image:h400 f:id:kazu_ma634:20140607180808j:image:h400
拡散(横)→拡散(横)+打上(縦)→打上(縦)→拡散(横)+打上(縦)と変わって行きます。
焦らされますが最大の高さになるのはこれからで最後の1,2分です。


f:id:kazu_ma634:20140607180809j:image:h600
これが112mの月山湖の大噴水。
天端から撮っているので、どうしても噴水から離れているため近くよりも迫力に欠けます。
しかし、残雪の山バックに写真を撮るにはここしかないかと。
※この写真はダム便覧のトップ絵に使われました。


f:id:kazu_ma634:20140607184109j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20140607184110j:image:w400
さっき来た道を戻り、駐車場付近に来ました。
ここには売店などがあり、ほとんどの人がここから噴水を見ます。
1kmの道のりを往復するのは大変ですからね。
ちなみにここから見る利点は近いため迫力があるのと、アナウンスが流れダム湖について案内がある点です。
初めての人はここがおすすめ。
下のほうにも行けて、より近くで噴水を見ることも可能です。


f:id:kazu_ma634:20140607184111j:image:w400
こんな感じで見ることができます。


f:id:kazu_ma634:20140607184112j:image:h600
これが売店近くから見た112mの噴水。
迫力がありますね。


f:id:kazu_ma634:20140608221507j:image:w400
噴水見てからじゃないとダムカード貰わないという自分のルール決めがありましたが、やっと念願叶いました。

*1:ダムの高さ、地盤基板から最頂部までの距離

*2:ダムの一番上の部分

*3:洪水に対処するため設けられた放流設備

とりあえず、ラブライブ!The School Idol Movieが作中「言及している」と感じた作品を浅知恵からピックアップ。本当はもっとあるはずなのですが、くみ取れず……。どなたか、この作品と関連性があるのでは?と思ったものをもっと教えてください。あるいは、この作品は深読みじゃね?という方も意見を寄せてください。

 

『CATS』(原作詩:T・S・エリオット/戯曲:アンドリュー・ロイド・ウェバー、トレヴァー・ナン)。今となっては複数パターンあるのだけれど……

 『CATS』においては会場は舞台上はおろか客席いっぱいにまで飾り付けが施されています。「SUNNY DAY SONG」のセットのモチーフかなと。

『ティファニーで朝食を』(原作:トルーマン・カポーティ/映画版監督:ブレイク・エドワーズ 主演:オードリー・ヘップバーン)

 穂乃果が言及。あと、花陽がレストランでご飯食べたいとわがままをいいつつパンをかじるシーン。

『カサブランカ』(マイケル・カーティス)

 「As time goes by」が歌われているのに加え、いくつかの名言の引用符がある。

『天使にラブソングを』(エミール・アルドリーノ)

 ちょっと忘れたので後日追記。

『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』(幾原邦彦)

 「僕たちはひとつの光」セット。ステージの足元にたくさんの花がうかぶイメージが、「時に愛は」の薔薇に満ちたダンスシーンと重なる。

『映画 けいおん!』(山田尚子)

 機内の窓を開けて、雲の草原を見渡すシーン。ラブライブ本編では、μsが真に女神として地上に降り立つという含みがあります。

『glee シーズン2 22話』

 合唱部が決勝でニューヨークへ行ってしどろもどろする、という話。でもラブライブは全体的に時々引用のラインを越えてやりすぎてる感あるから自重しろ。

 

思いつき次第追記します。

なお、穂乃果がアメリカで乗った列車は、ブルックリンの方角へと向かい、ブロードウェイへと行ってしまう。どうでもいいか。

 

ヘシオドスの『神統記』はどこまで引用を確信していいのかがあいまいになってしまいます……。女神の人数構成だけ参照した感もあるので最悪読まなくていいかもしれない。

0d67154f.jpg
酔っ払ってラーメン横丁。

みそらーめん食べよう。

めっちゃ、並んじゅうよ。

断酒一ヶ月半

2018/12/20

おかげさまで、断酒は無事続いている。


もともと、昼間はシラフで平気だった訳だから、その状態を夜も保てば良いというだけの事だ。どういう訳か、いつからか、夜は毎日酒を飲むものだという気持ちになってしまっていたのだが、冷静になって考えてみれば、別に飲む必要などない。飲んでほろ酔い加減になって、そのまま寝てしまうというパターンが、習慣になってしまっていただけである。

という訳で、夜もシラフで過ごす事には、すでに大分慣れてきたのだが、未だに違和感があるのが、もう寝ようと布団に入った時だ。頭はハッキリしており、別に眠い訳でもない。そろそろ寝ないと明日眠いだろうという計算だけで床についている。「こんな状態で、はたして眠れるのだろうか?」などと、しばしば不安がよぎる。幸い、そこそこ眠れているので、問題にはなっていないが、いつになったらこの状態に慣れる事が出来るのか、未だによくわからない。

高田馬場駅早稲田口の改札目の前にあるミャンマー・シャン民族料理のお店「ノング・インレイ」を再訪しました。

f:id:kun-maa:20160513185610j:plain

 

このお店、ミャンマー料理のお店なのですが中心はシャン民族の料理。

シャン民族の料理ってあまりイメージがわかないかもしれませんが、豆腐や納豆などの大豆製品や高菜などを使った料理が日本人の口にもよく合いとてもおすすめです。

他にもミャンマー料理はタイ料理やインド料理に似たものが多く、全般的に日本人には食べやすいんじゃないかなって思いますが、タイ料理もインド料理も好きな僕基準なので万民に好かれるという自信はありません。

 

ミャンマー・シャン料理は珍しいしとても美味しいのですが、僕がこの店を訪れるのはやっぱり虫料理が美味しく食べられるから。

ただ、この虫料理に関しては常に材料があるわけではないので運次第ってところがあります。その日に材料が入荷していれば食べられるって感じ。

虫はミャンマーからボイルしたものを冷凍で取り寄せているそうです。

 

前回の訪問時には虫料理は竹虫と呼ばれるタケツトガの幼虫しかなくて、虫ではありませんがカエル料理を食べて、他のノーマルなミャンマー・シャン料理を満喫しました。 

kun-maa.hateblo.jp

 

今回ももちろん美味しいシャン料理を堪能しましたが、本日のおすすめにあるようにコオロギやアリがありました。また、貼り紙には書いてありませんがセミの幼虫とカイコのさなぎもあったので虫料理三昧の予感。後半でレポートします。

f:id:kun-maa:20160513190525j:plain

 

まずはミャンマービール。

久しぶりに飲んだけど苦味が少なくて甘みを感じるビールです。

不味くはないけどこんな感じだったかな?最近は香りや味に特徴のあるクラフトビールを飲むことが多いからちょっと物足りない感じも...

f:id:kun-maa:20160513190436j:plain

 

飲み物は最初の一杯だけはミャンマービールで、後はミャンマー産のそば焼酎を水割りでいただきます。

前回はお店のお姉さんおすすめの「みんがらーば」という銘柄のアルコール度数35度のスペシャル版でしたが、今回は25度のノーマルタイプ。

香りもクセもなく飲みやすいのですが、前回のスペシャル版の方が美味しかったな。

f:id:kun-maa:20160513210619j:plain

 

おすすめにあった「シャン納豆もち米せんべい」が食べたかったのですがなぜか品切れということなので、他にシャン納豆が味わえる料理ってどれ?って教えてもらったのがこちらの「コンニャクのシャン風和え物」。

シャン納豆が入っているというのですが、いわゆる納豆臭さは全く感じず、さっぱりとしたタイ料理っぽい感じの和え物。納豆は旨み成分を出すための調味料的な使われ方をしているのかもしれません。ピリ辛でとても美味しいです。

f:id:kun-maa:20160514123356p:plain

 

ちなみにシャン族の作る納豆についてはこちらの本が参考になるでしょう。 

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉

謎のアジア納豆: そして帰ってきた〈日本納豆〉

  • 作者: 高野秀行
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/04/27
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

こちらは「シャン風高菜漬け炒め(豚肉)」。

メニューには辛さを示す唐辛子マークが付いてなかったのですが、けっこう唐辛子が入っていて辛旨です。シャン族の高菜漬けって日本と同じような味がします。

そういえばタイで食べる高菜も同じようなもんだな。

これは酒のつまみとしてもいいのですが、どちらかというとご飯が欲しくなりました。

f:id:kun-maa:20160513193629j:plain

 

サティと呼ばれるマトンの串焼きです。メニューには「1本150円で4本からの注文になります」と書いてあるので人数分(6本)注文しようとしたら、6本はダメって言われちゃいました。

どうやらメニューの意味は4本で1セットということで、それは崩せないみたいです。意外と融通が利きません。

それなら1皿600円って書いてあるんだから1本150円っていう説明いらないよね。

このサティはマトンの匂いが程よく鼻に抜けて、ちょっとイスラム教国の街角にいるような味わいが楽しめます。肉も柔らかくて美味しい。

f:id:kun-maa:20160514125633p:plain

 

次の3品はいずれも前回も注文したもの。

上から「お茶葉のサラダ」「ナンピャー(辛くない汁なし幅広麺)」「タンドリーチキン風ご飯」です。

お茶葉のサラダは、前回あまり気にならなかったのですが僕の大嫌いなトマトの匂いがかなりしていまして、今回これだけはパス。残りの2品はとっても美味しかったです。

虫は食えるのにトマトは食えないってやっぱり変ですか...

f:id:kun-maa:20160513195124j:plain

f:id:kun-maa:20160514130510p:plain

f:id:kun-maa:20160514130624p:plain

 

そしてデザートは「シュガープラタ」というもっちりとしたクレープに砂糖をつけて食べるシンプルだけどやさしい甘さのもの。白い粉は砂糖です。

マレーシアやタイの街角の屋台で見かける「ロティ」というクレープ菓子に似ていますね。ロティはコンデンスミルクで激甘にしますが、このシュガープラタはそんなことはありません。

f:id:kun-maa:20160513204252j:plain

 

さあ、ここまでのノーマルなミャンマー・シャン料理でもうかなりお腹いっぱいな感じですが、これでは飽き足らない方はこの先へ。嫌だなあって方はここでそっと閉じて。

 

それでは虫料理の世界に誘いましょう。(´-`).。oO(そんな大げさなものではないな...)

<緩衝地帯>

<緩衝地帯> 

<緩衝地帯> 

スポンサーリンク

まずは今回の同行者の方々が持ってきてくれた持ち込みの虫料理(事前にお店の方には持ち込み許可を取っています)。

日本の虫ですね。

イナゴの佃煮。甘辛で美味しい。佃煮にしちゃえば虫とかほぼ関係ない感じ。

シャン族の人にも食べてもらったけど「甘い」って言われました。

f:id:kun-maa:20160513191058j:plain

大量のイナゴの大惨事。イナゴには悪いけど美味しいよ、君たち♡

f:id:kun-maa:20160513191122j:plain

 

こちらも日本製。蜂の子の甘露煮(?)。甘くて美味しい。

時々成虫になりかけの虫の目玉と目が合うことがあるのですが、それ以外はお米の甘いやつって言ってもわからない感じ。虫っぽさで言えば初心者向きかな。

f:id:kun-maa:20160513191227j:plain

 

ここからはお店で注文した虫料理。まずはコオロギです。

カリッと油で揚げられた虫は甲殻類系の味わいがあります。

しっかりと揚げられていてブニブニしてないのがいいところですね。少し土臭いような気もしますがそれほど気にならないかな。美味しいです。

f:id:kun-maa:20160513191319j:plain

箸でつまんだコオロギくん。見た目さえクリアできればそこには美味しさと高タンパクな虫料理の世界が広がっています。

f:id:kun-maa:20160513192039j:plain

 

これはアリですね。羽アリでみんなお腹が大きめです。

これもサクッと揚がっているので食感は抵抗なし。少し酸味を感じるのと香草のような香りがありました。もちろん美味しいです。

f:id:kun-maa:20160513191337j:plain

 

これはセミの幼虫。

何年も土の中でじっと大人になるのを待っていたのに僕らに食われてごめんね。

カリッと揚がっていますが胴体部分は少しチーズっぽい感じの芳醇な風味があります。個人的にはけっこう好きかも。

f:id:kun-maa:20160513191456j:plain

 

時計回りに上からイナゴ、コオロギ、セミ、アリ。真ん中は蜂の子。みんなそれぞれ違った風味があってどれも美味しい。

f:id:kun-maa:20160513191552j:plain

 

これは前回も食べた竹虫。サックサクでかっぱえびせんみたい。

酒のつまみには一番いいかも。

f:id:kun-maa:20160513205233j:plain

 

そして最後がカイコのさなぎ。タイの街角でよく見かけるのと同じ大きさ同じ味。

匂いは釣り餌のさなぎ粉。これはそんなにすごく美味しいというわけでもないけど、そこそこ美味しい。やっぱり味付けと揚げ方が重要なポイントだと思います。

f:id:kun-maa:20160513210000j:plain

 

このスナック菓子もカイコのさなぎがあって同じような味でした。 

kun-maa.hateblo.jp

 

虫料理って、たぶんひとりだとなかなか食べようかなって気にならないと思うんですよね。虫以外にも美味しいものはたくさんあるし。

でも何人かの気の合う仲間と「よし、今日は虫を喰うぞ!」って決めていくとけっこう抵抗なく、しかも美味しく食べられちゃうんで、そういう意味ではおすすめです。

 

このノング・インレイは店員さんもみんなフレンドリーだし、料理は美味しいし、値段も手頃な感じなので虫料理はもちろん、虫抜きで普通にシャン料理を楽しみたいって人にもいいんじゃないかなって思います。

 

今回は虫料理をかなり堪能しました。ほんと虫料理三昧。なんか元気になった気がするぞ。どこが?

ノング インレイ

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 高田馬場駅、目白駅、西早稲田駅

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly 

ウ゜ドンのレシピでパタンを作る

f:id:buchineko_okawari:20161004014636j:plain

イブニングにて連載中の小林銅蟲「めしにしましょう」十の膳に登場した「ウ゜ドン」のレシピにて、パタンを作ってみました。作中では、低温調理チャーシューの汁と宇宙ひもを使ったレシピが紹介されているので、これに倣って作っていきたいと思います。

めしにしましょう(1): イブニング

めしにしましょう(1): イブニング

  • 作者: 小林銅蟲
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/11/22
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログを見る
 

パタンというのは、横浜は野毛にある第一亭という台湾料理店の名物メニュー(メニューには書いていないが誰でも頼める。)で、孤独のグルメに登場したことで有名になったようです。わたしも数年前に、野毛に住んでいた友だちの案内で訪れたことがあります。

r.gnavi.co.jp

ゆるい雰囲気の店内で味わうスパイシーなホルモン料理。豚のホルモン炒めもとても美味しいのですが、パタンはとにかく初体験の味でした。シンプルなのにジャンクでやたら後を引く。そのときはプロの料理という印象が強くて、自宅で作るという発想はありませんでした。まさか、数年後にあのときの味を思い出しながら作ってみることになるとは思いもよらず。

パタンまたはウ゜ドンのレシピ

さて、さっそく作っていきましょう。

今回は、「めしにしましょう」十の膳の他、小林銅蟲先生のブログ「パル」に掲載されているレシピを参考にしつつ、適宜アレンジを加えています。

negineesan.hatenablog.com

1 チャーシューを作る

f:id:buchineko_okawari:20161004014616j:plain

まずはチャーシューを作ります。レシピは過去記事を参照してください。豚肩肉の塊を使って、低温調理器具(Anova、ヨーグルティア、炊飯器など)が家にある人は63度で8時間〜加熱した後、オーブンで表面をこんがり焼きましょう。

buchineko-okawari.hatenablog.com

今回のレシピで重要なのはチャーシュー本体ではなくつゆなので、低温調理器具がない場合には、適宜好みのやり方でチャーシューを作っても問題ありません。その場合、豚肉の旨味が十分につゆに溶け出すよう、豚肩肉をしばらくつゆで煮る方法がいいように思います。

うちのつゆの配合ですが、醤油、みりんと酒を1:1:1の割合で混ぜ、砂糖を少々加える。これに生姜とにんにく各一かけ、長ネギの青いところを入れてひと煮立ちさせたらベースは完成。

できあがったつゆをジップロックに入れ、常温に戻した豚肩肉のかたまりも入れ、空気を抜いたら63度8時間〜の低温調理にかけます。

なお、このときにつゆを少し取り分けておいて、半熟味付きゆでたまごを作っておくとあとでうれしいことになります。

 

f:id:buchineko_okawari:20161004014452j:plain

63度で8時間〜加熱してからオーブンで焼いたチャーシュー。柔らかいのにジューシーで、外側はカリッと香ばしいです。思い切って厚切りにしましょう。

2 麺を用意する

f:id:buchineko_okawari:20161004014431j:plain

麺をどうするかは難題で、作中では「宇宙ひも」として細めの讃岐うどんが用いられていますが、もともとのパタンは太めストレートの中華麺です。わたしは売り場でうんうん迷った結果、こちらの「深むし極太焼そば」が一番近い見た目のように思われ、採用しました。

 

f:id:buchineko_okawari:20161004014449j:plain

少々縮れていますが、控えめ。もし中華街が近ければ、中華街にある製麺店などで近いものを探すといいのかもしれません。これは次回までの宿題にします。

3 にんにくとねぎを刻み、スープを作る

f:id:buchineko_okawari:20161004014438j:plain

低温調理後、ジップロックに残ったつゆを鍋に移してひと煮立ちさせます(念のための殺菌)。その間に、にんにくをみじん切りに、万能ねぎを小口切りにします。

別の鍋にお湯を沸かし、中華ガラスープの素(持っていないけど、味覇でもよいようです。)を分量よりちょっと少ないくらいに溶かし、味見しながらチャーシューのつゆを追加し、最後に粗挽き胡椒を少々ふります。

4 味付けと盛り付け

f:id:buchineko_okawari:20161004014515j:plain

中華麺を茹でたら、軽く水で晒して水分をよく切りボウルに移して、にんにくのみじん切り、チャーシューのつゆとごま油を加えてよく混ぜます。分量ですが、今回は150gの麺に、チャーシューのつゆとごま油は大さじ1ずつでちょうどよかったです。また、重要なのはにんにくの量で、普段あまり生にんにくを食べなれない場合には、1人分につき、標準的なサイズのにんにく1/4かけくらいがちょうどよかったです。あとはお好みで、お店のテイストであれば1/2かけくらい、パンチが効いた味が良ければ、1かけ入れてもいいと思います。

 

f:id:buchineko_okawari:20161004014520j:plain

お皿に盛り付け、万能ねぎと白ごまをふり、分厚く切ったチャーシューと半熟味付け玉子を乗せ、同じく万能ねぎを入れたスープを添えたら完成です。右上は、生のピーマンを細切りにして市販のごまだれをかけただけの箸休め。

パタン本体については、ごま油とにんにくと豚脂に炭水化物という悪魔の組み合わせにより、食べ始めた途端に脳みそが溶けてくる感じ。ダメだ、こんなものを食べていたら堕落してしまう…!と理性が騒ぐ横で箸が止まらないパターンです。ジャンクでおいしい。

 

f:id:buchineko_okawari:20161004014534j:plain

パタンに添える豚は厚切りを推奨します。厚くても低温調理にかけていれば、簡単に噛み切れるほど柔らかくなります。この分厚さがあって初めて、パタンの迫力との均衡が見えてくる。

 

f:id:buchineko_okawari:20161004014548j:plain

花を添えるのは、半熟味付けゆでたまご。沸騰後7分30秒ほど加熱したゆでたまごを用い、低温調理チャーシューのたれを取り分けて、半日ほど漬けたものです。

 

f:id:buchineko_okawari:20161004014602j:plain

お楽しみは付属のスープ。作中では箸休めとして描かれていましたが、第一亭では一部の常連さんがパタンを中華スープの中に入れて、つけ麺のように食べたりしているとか。これに習って、厚切りチャーシューと半熟味付けゆでたまごを入れて、つけ麺風に食べてみました。中盤以降、口の中が飽和状態になったタイミングで試すと、にんにくの風味がマイルドになって食べやすくなってよいです!

感想と今後の課題

パタンはすごくおいしかった。課題があるとすれば、やはり麺。悪くはなかったけど、もっと麺が美味しければもっとパタンも美味しかっただろうな〜という感じ。ここは素直に宇宙ひも(細めの讃岐うどん)を使うか、中華街に極太ストレート生麺を仕入れにいくか、迷うところではあります。

 

麺や貴伝

2018/12/20

2/7、山形県米沢市、麺や 貴伝に行ってきました。
2回目。(→前回)


f:id:kazu_ma634:20150517185654j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20150517190134j:image:w400
肉中華麺
ゆず風味バージョンもあるのですが、いつも躊躇してしまう。
今度、思い切ってゆずにしてみよう。


tabelog.com

IU 新曲「Monday Afternoon」公式YouTube動画PVMVミュージックビデオ、アイユー、マンデーアフタヌーン

 

IU(アイユー)とは

1993年5月16日生まれの韓国の女性アーティスト。

名前には「あなたとわたしが音楽で1つになる」という意味がこめられている。

 

2012年3月に日本デビュー。

 

IU待望の3rd single「Monday Afternoon」PVが遂に完成!

ちょっとだけ、お見せしちゃいます。

 

■「Monday Afternoon」着うた(R)先行配信中!

 

■New Release

2013.9.11 JAPAN 3rd Single「Monday Afternoon」 発売 

 

初回生産限定盤Type A <CD+DVD> ¥2300(tax in)

初回生産限定盤Type B <CD+DVD> ¥1800(tax in)

通常盤 <CDのみ> ¥1100(tax in)

 

 

Monday Afternoon (初回限定盤A)(DVD付)
Monday Afternoon (初回限定盤A)(DVD付)

 

Monday Afternoon (初回限定盤B)(DVD付)
Monday Afternoon (初回限定盤B)(DVD付)

 

Monday Afternoon (通常盤)
Monday Afternoon (通常盤)

 

 

天候が不安定なせいかイマイチ調子が上がりません。天気と同じで体調もどんよりしています。

こんな時にはぬるぬるしたもので精をつけるといいって思ったんです。それに最近つけ麺を食べていないから麺が足りてないのかもしれません。

ってことでやってきました三ツ矢堂製麺。

f:id:kun-maa:20160909152920j:plain

 

注文するのはもちろんぬるぬるパワー全開の「とろろ山芋つけめん」。小盛りも大盛りも値段は一緒(970円)なので当然みんな麺は大盛り(ゆであがり600g)だよね。

え?僕だけ?

 

注文してから待つこと数分。

とろろ山芋つけめん(大盛り)が キタ━(゚∀゚)━!!!!!!!

f:id:kun-maa:20160909153944j:plain

 

つけ汁は三ツ矢堂製麺デフォルトゆず風味のとんこつ魚介系。

ゆずの香りとコク旨なとんこつ魚介だしが否が応でも食欲を刺激します。これだけでも元気がでるからやはり僕は定期的につけ麺を食べないとダメなんだなって思います。

f:id:kun-maa:20160909153950j:plain

 

麺はもちもちしこしこで安定の美味しさを誇る三ツ矢堂自慢の自家製太麺。この麺がほんといつも美味しいんだよね。これが足りないからきっと元気が出ないんだ。

だって僕の血管は麺でできているのだから。

麺だと中が詰まっているから血が流れないよね...とか野暮なことは言いっこなしね。そうじゃなくても高脂血症で血管が本当に詰まり始めているんだからさ。

なんで自慢げなんだよ。おっさんの病気自慢なのか?そうなのか?

f:id:kun-maa:20160909153956j:plain

 

とろろ芋にはうずらの卵がひとつと青海苔が少々。とろろにはうずらの月見がよく似合う。こりゃ精がつきそうです。何もしなくても精力絶倫倒れることを知らない僕の(ry

f:id:kun-maa:20160909154013j:plain

 

店員さん曰く、とろろ芋はつけ汁に投入しても麺に絡めてもどちらでもいいとのことなので僕は麺にぶちまけました。卵の黄身が流れてしまったのはご愛嬌。

f:id:kun-maa:20160909154104j:plain

 

こういうものはよ〜く麺に絡めなくてはいけません。ここでの混ぜが美味しさの成否を決定付けるといっても過言ではありません。どう考えても過言だけどな。

とりあえず、ふぅおぉぉぉぉぉおおおおおおおお!とか心の中で叫びながら混ぜ込みます。何事も気合って大事だよね。

f:id:kun-maa:20160909154121j:plain

まぜそばなど比較的汁気が多いものの混ぜ込み経験を重ねることで経験値が上がっている僕は、麺を混ぜ込むことに一点の気の迷いもなし。しゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああ!

f:id:kun-maa:20160909154125j:plain

 

はい!よく混ざりました。

今回、写真はだいぶ端折りましたがけっこう混ぜ込みましたよ。太麺の表面はほぼとろろ芋で覆われています。

f:id:kun-maa:20160909154306j:plain

 

このとろろがびっしりとまとわりついた太麺をゆず風味のとんこつ魚介がガッツリと決まったつけ汁にひたして一気にすすり上げます。ずずずずずずずずずずずう....

ただでさえ麺によく絡みつくつけ汁が、表面にとろろ芋コーティングがあるせいでいつもの倍は絡みつきます。

旨味が濃厚です。ぬるぬる感が口唇リビドーを昇華させます。子どもかっ!

f:id:kun-maa:20160909154250j:plain

 

つけ汁には刻みチャーシューやナルトが入っていてとてもおいしゅうございますわよ。なんか言葉遣いがおかしくなってる自覚はあります。

f:id:kun-maa:20160909154227j:plain

 

たっぷりとつけ汁が絡んだぬるぬるの太麺を勢いよくすするのはかなりの快感です。唇から口腔内の粘膜まですべてが刺激されて気持ちいい。こりゃ元気になりますよ。

いや、変な意味じゃなくてね。

f:id:kun-maa:20160909154400j:plain

 

麺への絡みつきがすごいってことは、麺を食べ終わる頃にはつけ汁がほとんど残らないってことでもあるので勢い余るとスープ割りをすることが叶わなくなります。

f:id:kun-maa:20160909154757j:plain

 

ここの割りスープは野菜コンソメ風味なので、スープ割りをするとまたガラッと味わいが変化します。つけ汁の配分を無理にやりくりしてでもつけ汁をスープ割りでいただきたい。

美味いんだな、これが!

f:id:kun-maa:20160909154827j:plain

 

もちろん完食です。そして食べ終わる頃にはすっかり元気になっていました。ぬるぬるパワー恐るべし。もしくは暗示にかかりやすいアホ。

f:id:kun-maa:20160909154949j:plain

 

大満足の一杯、ごちそうさまでした!また元気が無くなったら行きます。

三ツ矢堂製麺 川越店
埼玉県川越市新富町2-12-6
三ツ矢堂製麺 川越店のレビューを見る
スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログを気に入っていただけたら、ちょくちょくのぞきに来ていただけるとうれしいです。そして、とっても励みになります。

RSS登録していただける方はこちらのボタンをご利用ください。 

follow us in feedly 

さすが東京・・・関係者の数が凄かった(笑) 今回のツアーは楽屋の数の関係でぐっさんとメンバーが同じ部屋になる事が多いんやけど、本番直前まで爆笑してます。 こんな現場他には有りません。 最高です(笑) IMG_0110.jpg 遊びに来てくれたミラクルひかるちゃん